大切なカバンをながく使うなら

ファスナー修理の情報はこのサイトをチェック

皆さんはバッグや財布のファスナーが壊れたらどうしますか?安物の品物だと諦めて新品を購入すればいいのですが、大事にしている品物が壊れたらショックですよね。
その際修理するのがおすすめですが、料金がどのくらいかかるのかご存じですか。
壊れてしまってから店を探すのは時間が経ってすぐ使用できません。
損しない為に、相場をご紹介していきます。
バッグや財布などの構造、種類やタイプ、長さなどで変動し、多少誤差があります。

バッグや財布のファスナー修理にかかる料金相場

バッグや財布のファスナー修理にかかる料金相場 ファスナー修理には3つあります。
完全に壊れてしまったらファスナー交換になります。
使用するのは、YKKファスナーという皆さんがよく目にする物で、約8千円~2万前後になります。
一度分解してから元に戻す作業の為、手間がかかり高額になってしまいます。
納期は2~4週間です。
ブランド物になると、取り寄せになるので、プラス3週間必要です。
ファスナーを閉める際にスライドさせる部分が壊れたらスライダー交換です。
ファスナーを閉めても開いてしまう場合はスライダー交換のみで修理可能です。
料金は約3~5千円で、納期は1週間です。
スライダーを動かす際つまむ部分が壊れたらスライダー引手交換です。
料金は約1~2千円で、納期は2週間です。
修理といっても壊れた状態によって違うので、一度お店に持っていき相談してみるといいですね。

ファスナーを直すには修理セットを買うべきか

ファスナーを直すには修理セットを買うべきか ファスナーが壊れてしまった場合は、直すことを考える方も多いでしょう。
直すことは大変なため、諦めてしまう方もいらっしゃいます。
ですが、自分が大切にしていたものや思い出が詰まっているようなものは修復したいです。
そんな方に、今からファスナーを修復するためには修理セットを買うべきなのかについて説明していきます。
ファスナーを直す際には、セットを買わずに自分の身の回りにあるものを使ったり、個別に買ったりして作業をすることはできます。
慣れている方や普段からものづくりをしている方なら良いですが、苦手な方や慣れていないような方は何から購入したら良いのかが分からない方は多いでしょう。
そのため、このような直すための道具や作業するためのものが全て入っているものを購入することによって、自分で探したり、集めたりする手間をとることがなく、進めることができます。
自分で挑戦する方で作業に慣れていないような方は買った方が良いです。
それとは逆に、自分で作業をすることがどうしてもできない方は専門の職人さんに依頼して修理してもらう方法も良いでしょう。
この方法をとる場合は、セットを買う必要はないです。
このようにファスナーを直すには買った方が良いときとそうでないときがあります。

ファスナー修理はミシンを使って行われます

洋服に使われるファスナーは、フロント部分の場合には約60センチから100センチ近い長さまでさまざまなものが使われております。また構造的に外縫いではなく、生地の中にサンドイッチ構造で縫い込まれていることも少なくありません。そのために修理をする時には一度糸を全て解き、あらためてミシンで縫い上げなくてはならないのです。 ダウンジャケットやレザージャケットは特殊な構造をしており、ファスナー交換にも技術と費用が多く発生します。レザージャケットでは力が入りやすいので大型のレールが使われ、ミシンも工業用の大型のものが必要になります。ダウンは縫製を解く時に内容物が噴き出てしまうこともあるので、洋服作りのノウハウがなくてはいけません。愛用の洋服の場合には修理をしてもう一度着用したいと考えることも少なくないでしょうが、新品に買い替えた方が安い場合すらあるのです。リペアショップやメーカーに問い合わせて、見積もりを出してから対応を考えてみることがおすすめになります。

ファスナー修理の相場と交換のために必要な工賃

ファスナーは洋服の中では長年の経年劣化によって故障しやすいパーツであり、修理をするには交換が推奨されております。レールの摩耗やスライダーの変形などを補正すれば直ることはありますが、摩耗の場合にはまたすぐに故障してしまうことにもなりかねません。思い切って交換する方が、何度も修理するよりも長持ちなのです。 ファスナーはそれ自体の価格もさることながら、交換する場合には人件費の方が高くなります。一度縫製を解いてから再度ミシンを使って縫製し直さなければなりませんので、その分の費用が必要になるのです。相場は小型の短いタイプから、ジャケットのフロントに使われる大型で長いタイプの物まで費用は異なります。ジャケットタイプの場合には、約5000円から10000円程度の交換費用が必要です。メンテナンス代金としては高く感じてしまうかもしれませんが、手間や部品代などを加算してゆくとどうしてもその金額になってしまうのです。

ボタン交換やファスナー修理でお気に入りをさらに長持ちにさせる

洋服の中で重要な稼働パーツはいくつかあり、代表的なものにマジックテープやボタン、ファスナーなどが一般的になっております。ポケットに付ければ中の物飛び出すのを防いでくれますし、デザインの一部としてアクセントになるのです。近年では止水ファスナーが有名であり、高い防水性と防塵性が特徴になります。 止水タイプは防水透湿生地とセットで使われるケースが多くあり、アウトドアや釣りなどの水濡れが発生するシーンで使われるケースが多くあるのです。近年では価格が安くなってきたために、一般衣料で使われることも多くなりました。衣服にファスナーを使うことで洋服の密閉性が上がり、冬場には保温性が高くなります。また防水生地を使ったモデルではウインドブレーカーやレインウェアとしても使えるために、1着持っておくと便利です。 ファスナーが壊れた時にはお直しなどの修理店に持っていき、場合により交換も必要になります。修理をすることでお気に入りの洋服を、さらに長い期間愛用することが出来るのです。

ファスナー修理と夏物冬物の生地や布と着心地について

洋服はジャケットタイプとプルオーバータイプがあり、ファスナーやボタンでフロントを留めるのはジャケットタイプが多くなっております。着脱がしやすいことがメリットですが、構造が複雑になり高価格になり、重量もその分重くなることがデメリットになるのです。とくに冬物の重衣料では、使っている生地や布などが厚くなるために特徴が顕著になります。 一方プルオーバータイプで有名なのはTシャツやニット類であり、伸縮性の高い布を使って頭からかぶるように着用するのです。構造がシンプルであり、薄手の生地がメインの夏物では着用する機会が多い服になります。元々Tシャツはドレスシャツは発端が下着であり、近代になってフォーマルやカジュアルウェアとして定着しました。 夏物でもウインドブレーカーやベストなどではファスナーが使われることが多く、優れた脱着性や機能性がメリットとして付与されます。ファスナーが故障したら修理が必要ですが、ブランドの衣類の場合には保証対応で修理してくれることもあるのです。

ファスナー修理は交換がおすすめですが、リメイクも有効です

長年洋服を愛着しているとダメージを受けやすいのが、裾や手首などの摩耗が発生して穴や傷や汚れが発生してしまします。洋服によってはダメージからの補修を計算して製造されており、リブを長めに設定することで折り込んで縫製すれば、ダメージを上手に隠せるなどの工夫がされているのです。 長年使ってダメージが出やすいのは生地だけではなく、ボタンが取れてしまうことも少なくありません。ボタンが取れそうになったら思い切って糸を切り、縫いにより生地とボタンをもう一度付ければ強度が上がります。中心部の糸を隠すように巻き上げて、針を刺せば強度も見た目も向上します。 ファスナーが壊れてしまったら、一番いいのは新品に丸ごと交換することです。長年使うことでスライダー部分やレールが摩耗して、引っかかりや外れが起こりやすくなります。ファスナーの修理は可能ですが、スライダーを交換してもレール部の摩耗によって寿命が短くなる傾向があるのです。費用を抑えたい場合には、リメイクとしてマジックテープで留めてみても面白いかもしれません。

ファスナー修理に関するお役立ち情報

ファスナー 修理

Copyright © 2021 大切なカバンをながく使うなら all rights reserved.